全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>清水邦広「リードされてからもディフェンスで逆転できてよかった」久原翼「サーブレシーブで最低限の仕事はできたかな」パナソニック会見

会見・コメント

2021-02-21 11:20 追加

清水邦広「リードされてからもディフェンスで逆転できてよかった」久原翼「サーブレシーブで最低限の仕事はできたかな」パナソニック会見

パナソニック会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGIE DIVISION1MEN 2月20日大阪府枚方市パナソニックアリーナで行われたパナソニックパンサーズ対ウルフドッグス名古屋の試合後記者会見をお届けする。こちらはパナソニックの会見。

2位のパナソニックと3位のWD名古屋との直接対決でもあり、ポーランド代表主将のクビアクと今季から名古屋に加入したポーランド代表オポジット(世界選手権MVP)のクレクの対決でもあり、重要な試合であった。

試合は、各セットとも僅差だったものの、3-0でパナソニックがストレート勝利。

■パナソニックパンサーズ
●清水邦広
ファイナルステージへの道が左右される(2位・3位直接対決の)大勝負だったんですけど、入りからすごく良かった。相手の攻撃もすごく機能していたが、こちらもサイドアウトがしっかりとれていた。今日は本当にサイドアウトの勝負になっていたと思いますし、数字には現れないところで、こちらがしっかりと勝負どころでポイントをとれた。だからストレートで勝てたと思います。

3セット目の終盤では相手に少し離されかけたんですけど、こちら側のディフェンスが機能してちょっとずつ離されずにこちらがわのペースに持ってこれた。そういうケースは、今季あまりなかったので、すごく良い収穫になった。

サーブに関しても、相手のクレク選手がすごくいいサーブだったんですけど、あそこ。
修正点としてはあのサーブをもう少しスムーズに1本2本で回せられたらもっとこちらのペースで試合運びでやれたと思います。

――大体うかがいたいことを全部話していただいたのですが、清水選手は今日ハイセット、例えばクビアク選手からの2段トスなどをしっかりと決めきっていましたが、どんな意識で打つようにしているのでしょうか。
清水:FC東京戦では結構ブロックが低くて、それで(打つ角度を)落としてしまってブロックに引っかかってしまっていた。1週間通して練習する中で、しっかり奥に打つようにしていました。ブロックにあたっても弾き飛ばすような。
長いコースに打てれば、ブロックに引っかかってもシャットされなくてリバウンドも取りやすくなりますし、長いコースにうつのを心がけて、落とさない。ブロックディフェンスがすごくいいチームなので。
(ブロックの)間が空いてれば、その隙間に強く打ち込むこともあります。
難しい状況でしっかり2枚3枚揃ったときには、しっかり遠くに打つことを心がけていました。

明日はまた違う戦いになると思うので、相手がやって来ることを予測しながら。今日のような試合にはならない。
もっと難しい試合になることを想定しながらやっていきたい。

試合後に兒玉康成選手に「ここで勝利のデサントのポーズを!」と無茶振りされながらも、笑顔でこなした久原翼

●久原翼
ハードな戦いになるとは予想していた。実際3-0では勝ちましたけどハードな試合だったと思います。個人的には攻撃面はそんなによくなかったんですけど、サーブレシーブで我慢しながら、味方の攻撃につなぐことができたので、最低限の自分の役割は果たせたかなと思います。

相手のサーブが今日はたくさんボールが飛んできましたが、ミスはなかった用に思うが。

今日の出来を最低レベルくらいにしたいと思いますし、今日はリラックスしてサーブレシーブすることができたので、そういう結果につながったと思います。

――サーブレシーブについて、いまご自身でも言われましたが、WD名古屋のクレク選手のようなビッグサーバーについては、どのように対処し、横の連携などありますでしょうか。

久原:サーブレシーブするプレーヤーを中心に、どっちがとるかは話し合っています。あとは、いいサーバー、クレク選手のような強いサーバーは、こっちが頑張っても、どうしてもエースをとられてしまうこともあります。そういうときの切り替えのほうが大事だと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック