全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>東レ・李博「東レのバレー自体は悪くなかった」篠田監督「明日はうちのコンビといかにクレクを抑えるか」

会見・コメント

2021-03-07 09:49 追加

東レ・李博「東レのバレー自体は悪くなかった」篠田監督「明日はうちのコンビといかにクレクを抑えるか」

東レ会見

V1リーグ 男子

3/6に開催されたV1男子、ウルフドッグス名古屋対東レアローズの会見コメントをお届けする。

WD名古屋3(25-19、25-19、24-26、25-17)1東レ

■東レアローズ
●鈴木悠二選手
前半はしっかり守れてたと思うんですけど、向こうの試合運びが上手で後半は型にはめられた…やりたいことがうまくできないことが続いて、4セット目は我慢しきれなかったかなと思います。

●李博選手
バレーボール自体はそこまで悪くなかったと思うんですが、1セット目の勝負所と4セット目の入りが良くなくて、相手に流れを持っていかせてしまった。明日最初から最後まで集中してやっていきたいと思います。

●富田将馬選手
1セット目中盤くらいまでは良かったんですが、そこから決まらなくなってしまって向こうのペースに持っていかれちゃった部分があったのでそこを修正したい。とりたいところでこっちが取れてなかったので、その部分の差が出た試合かなと思います。

●篠田歩監督
今日はクリスには厚く来るだろうなと思っていて。クリスが来たところの、逆のサイドの選手の決定率が上がってこなかったのが苦戦したところだと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック