全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>VC長野、山本憲吾、松村文斗、大沢健太郎、高澤和貴が退団

トピックス

2021-06-02 19:27 追加

VC長野、山本憲吾、松村文斗、大沢健太郎、高澤和貴が退団

退団選手のお知らせ

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN のVC長野トライデンツは5月31日、20/21シーズンをもって山本憲吾、松村文斗、大沢健太郎、高澤和貴が退団となることを発表した。

●退団選手
#12 L 山本憲吾
#17 OH 松村文斗 
#18 L 大沢健太郎 
#21 OH 高澤和貴 

●退団スタッフ
普及スタッフ 杉山 嵩樹


#12 L 山本 憲吾 

いつも温かいご声援ありがとうございます。
この度、VC長野トライデンツを退団し、現役を退くことにしました。
突然のご報告となり、申し訳ありません。
VC長野トライデンツでの4年間は、チームスタッフをはじめ、たくさんの仲間に囲まれてプレーができ、私のバレーボール人生の中でも特に濃い時間となりました。
また、ご支援くださったスポンサー、バレーボール選手という私の立場に理解を示してくださった職場の方々、どんな時も最後まで応援してくださったファンのみなさまのおかげで、V1リーグという最高の舞台でバレーボールをすることが出来ました。
本当にありがとうございました。
19年間の現役生活は終わりましたが、今後も、個人でバレーボールに関わっていきたいと思います。これからも笑顔で、前を向いて山本憲吾らしく歩んでいきます。
引き続きVC長野トライデンツへのご声援をよろしくお願いいたします。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事