全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>代表エース黒後愛「小学生の時父にバレーを叩き込まれたのが原点。久美さんにはもっと自信を持てと言われている」

会見・コメント

2021-07-05 13:01 追加

代表エース黒後愛「小学生の時父にバレーを叩き込まれたのが原点。久美さんにはもっと自信を持てと言われている」

黒後愛囲みコメント

全日本代表 女子


バレーボール女子日本代表のエース黒後愛がオンライン囲み取材に応じ、来る東京オリンピックへの思いや、故郷栃木での思い出、エースとしてかける意気込みを語った。

1ヶ月以上にわたって行われたネーションズリーグでは、前半戦はなかなか調子が上がらないように見えたが、中盤からセッターとのコンビが合い始めた。黒後自身は「ドミニカ戦のあたりから、トスと合ってきて、体重を載せて打てるような感覚がつかめた」と振り返る。それまでは「助走と打つまでがちょっとマッチしてないというか、なかなかしっかりボールをたたけない感覚はあった」そうだが、「そこが一つハマりだしたら、こういう感覚だなというのが自分の中にあってきっかけになった」と手応えをつかんだようだ。

バレー人生の分岐点は、父の指導

また、これまでのバレー人生を振り返ったときの分岐点について聞かれて、「小学生の時、父にバレーを叩き込まれたのが原点ですね」とはみかみながら答えた。黒後愛さんの父、洋さんは宇都宮大学の教授で、同大学女子バレー部の監督でもある。幼い頃から父の薫陶を受け、下北沢成徳でもキャプテンを務めて春高優勝を成し遂げるなど、バレー一筋の人生を送ってきた。

地元栃木の方へのメッセージとして、「栃木のみなさんには、本当にいつも温かい声援を頂いているので、自分もこのオリンピックという舞台でどういうバレーができるかというのが本当に恩返しになると思っている。みなさんの思いに届くバレーができるようにがんばります」と力強く言い切った。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事