全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>下北沢成徳高がV2女子のブレス浜松を破る。アルテミス北海道が初陣 皇后杯ファイナル1日目

トピックス

2021-12-10 21:22 追加

下北沢成徳高がV2女子のブレス浜松を破る。アルテミス北海道が初陣 皇后杯ファイナル1日目

皇后杯ファイナル1日目の結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子 / 大学バレー 女子 / 高校バレー 女子

 バレーボールの令和3年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンド第1日目が高崎アリーナで行われた。女子は下北沢成徳高がV2のブレス浜松をストレートで破り、2回戦に駒を進めた。11日の2回戦ではV1の日立Astemoと対戦する。また、大学勢は筑波大と鹿屋体大が同じくV2のルートインとJAぎふを2-1で下した。

 初出場のアルテミス北海道(クラブチーム)は埼玉上尾と対戦。初陣ながら元NECのセッター・奥山優奈選手を中心にチームがまとまり、外国人選手2人を擁する埼玉上尾に食らいつき、ブロックを止める場面も。残念ながらストレートで敗れたが、元日本代表でオリンピアンの成田郁久美監督は「チームができて初のファイナルラウンド出場でいきなりV1の上尾さんと当たり、高さやパワーを体感する機会になった。これからもV昇格を目指して地元の皆さんに愛されるチームを作っていきたい」と話した。

 また、この試合は出産・育児で戦列を離れていた埼玉上尾のセッター・岩崎(旧姓冨永)こよみ選手の復帰戦でもあった。かつてパイオニアでチームメイトだった成田監督と冨永選手。「変わらず接してくださって嬉しかった。チームにツーアタックなど私の特徴を伝えていて、さすがイクさんと思いました(笑)」と冨永選手は試合後に語った。

 11日はシードのJT、東レ、NEC、デンソーが登場する。

【試合結果】
C
KUROBE 2-0 CLUB EHIME
アランマーレ 2-1 東京女子体育大
久光 2-0 龍谷大
埼玉上尾 2-0 アルテミス北海道
筑波大 2-1 ルートイン
PFU 2-0 福岡大

D
姫路 2-0 KANOA福岡
鹿屋体大 2-1 JAぎふ
岡山 2-0 金城大
日立Astemo 2-0 大野石油広島
下北沢成徳高 2-0 ブレス浜松
トヨタ車体 2-0 帝塚山大

2日目の試合予定
◆皇后杯ファイナル12/11
@高崎アリーナ
開9:00始10:00

C
JT-KUROBE
アランマーレ-久光
埼玉上尾-筑波大
デンソー-PFU
D
NEC-姫路
鹿屋体大-岡山
日立Astemo-下北沢成徳高
東レ-トヨタ車体

全試合無料配信あり

写真:堀江丈、坂本清  

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック