全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>コラム>元Vリーガー北沢浩のバレーボール質問箱 2022春高男子決勝をランニングスコアも用いて完全解説

コラム

2022-01-13 20:08 追加

元Vリーガー北沢浩のバレーボール質問箱 2022春高男子決勝をランニングスコアも用いて完全解説

高校バレー 男子

—————————————————–
3set目(25-23)
序盤は一進一退の攻防が続くが、7-7から日本航空のNo.7渡邊がブロックによりブレイク。その後、鎮西にミスが出て9-7で鎮西がタイムアウト。
日本航空が初めてリードした状態で中盤に入る。

中盤は鎮西No.3久冨のブロック、No.4桝本のパイプにより連続ブレイクを獲得し12-13。
試合は振り出しに戻る。
その後、日本航空No.7渡邊のブロックとNo.4小林のスパイクにより3連続得点獲得で日本航空が序盤から引き続き優勢(16-14)を保ち終盤へ。

終盤は、20-19から鎮西に3連続得点。
内訳は、サイドアウトをNo.4桝本のパイプで獲得(20-20)その後のラリーをNo.2平田のダイレクト決定により20-21。日本航空はタイムアウトで流れを止めようとするが、鎮西は止まらずNo.4桝本のセンターバック決定で更に得点を重ね20-22。
試合はそのまま鎮西がストレートで勝利するかと思えたが、そこから日本航空の反撃が始まる。
No.3利川のクイック決定で21-22、その後鎮西のスパイクを拾い、No.1前嶋のセンターバック決定で22-22。
22-23で再度No.3利川のクイックが決定、直後のブレイクも同様に利川選手。
1Set目終盤では失敗したが、ここの大一番で見事に成功(24-23)
鎮西はタイムアウトで一旦流れを切るが、最後は日本航空No.4小林が鎮西のスパイクをブロックし、接戦を勝利した。

総評
20-22で鎮西リードの場面。優勝まであと3点。
しかし、その3点が果てしなく遠い……。そんな印象でした。
鎮西がこのセットに懸けていたのがNo.4桝本選手のスパイク打数に表れています(1~2Set目平均スパイク打数20本→3set目31本で全体の7割強を占める)
31本打って決定率52%という驚異の数字でした。

一方、日本航空のスパイク比率は3setともほとんど同じでした。終盤にクイックでサイドアウトもブレイクも獲れるのは終盤になっても攻撃を絞れないため、本当に強いと思いました。


—————————————————–
4set目(25-19)
鎮西:息切れ(3set目に懸けていた)
日本航空:楽しそう

総評
内容としては、No.4桝本の打数を意図的に抑え、休ませていた印象(3set目31本→8本)です。
そのため、サイドアウトは獲れるが、ブレイクが出来ない。
一方、日本航空はNo.1前嶋がエンジン全開(全打数の5割)、疲れなど微塵にも感じさせない圧巻のパフォーマンスでした。

—————————————————–
5set目(15-11)
序盤、日本航空No.7渡邊、No.3利川のブロックが炸裂し4-2となる。
その後、No.1前嶋と鎮西No.4桝本の打ち合いとなり、日本航空リードでコートチェンジ(8-5)。
終盤は鎮西No.8荒谷のブロックやNo.2平田のサービスエースで追い付くが、日本航空はタイムアウトで一度流れを止める(9-8)。
その後は再度エース対決となる。
日本航空No.1前嶋(全打数の7割)が最後まで打ち切り、悲願の初優勝となった。

総評
鎮西No.4桝本がさすがに疲れてしまった、という印象です。(10-9から2本連続スパイクミスで12-9。ここが当ゲームのポイント)

もちろん、日本航空の序盤のブロックやNo,4前嶋選手のパフォーマンスも素晴らしかったです。個人よりも組織が強かった。そんな印象を持った試合でした。

—————————————————–

>> コラムのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事