全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>アランマーレ・投野ひかる「マヤ(伊藤摩耶)は冷静。リナ(菅原里奈)は強気で負けず嫌いのミドル」、GSS東京・松浦未波「欠場中、みんなが勝ちたい気持ちが伝わってきました」 V2女子会見

会見・コメント

2022-01-21 19:36 追加

アランマーレ・投野ひかる「マヤ(伊藤摩耶)は冷静。リナ(菅原里奈)は強気で負けず嫌いのミドル」、GSS東京・松浦未波「欠場中、みんなが勝ちたい気持ちが伝わってきました」 V2女子会見

V2リーグ 女子

●北原勉監督

昨日の敗戦からどう切り替えて、どう戦うかということを昨夜のミーティングで話しました。半年間続くリーグですので、勝ったり負けたりもあると思いますが、どう前を向きながら、どう切り替えながらやるか。勝ったら勝ったでそれを継続しつつ、どういう方向に進んでいくかが重要だと思います。今日はそれを選手たちがしっかりやってくれたかなと思います。

昨日の課題は自分たちでどうするか、ということでした。このチームにはこういう戦い方をして、このチームにはこういう戦い方をしていく。その辺りをミーティングで明確にしたところはあります。今日の第1セットはそれがカチッとはまった印象です。セッターともいろいろ話して、相手の穴をしっかり突こうと。第2セットは対応され始めて、ちょっとバタバタしたところはあったんですけど、セッターの投野が落ち着いたプレーで取り返してくれたというところですね。

うちは時々あるんですけど、先を越して先を越してとやりすぎてしまって。まだ向こうがアジャストできていないのに、先手を打って逆に相手にはまってしまうことがあるんですよね。通っているところはちゃんとやり続けて、アジャストされたら第2案で対応すれば良いのですが。(そうなりかけたのですが)そこは投野がまた攻め方を戻して、問題なく対応しました。そういう面でも第3セットは投野ですね。投野で勝った。それから木村。この二人がチームに落ち着きを取り戻させてくれたところがすごく大きかったと思います。

ーーミドルのポジションを年明けから入れ替えたのは?

北原:今シーズン、うちの選手の技術力なら(そのままで)上位を狙えるところに来ていると思うので、先も見越してやっていこうと。ボトムアップ、全体のレベルアップも必要ですので。

ーー対群馬銀行戦というわけではなく?

北原:そういうものも含めて2レグから、ということですね。(ボトムアップのために)いい経験をしなさいということですね。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック