全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>NEC・山田二千華「自分たちのリズムを活かしたオフェンスができた」、埼玉上尾・山崎のの花「サーブで相手を崩せなかったことも勢いに乗れなかった原因」 V1女子会見コメント

会見・コメント

2022-02-24 06:00 追加

NEC・山田二千華「自分たちのリズムを活かしたオフェンスができた」、埼玉上尾・山崎のの花「サーブで相手を崩せなかったことも勢いに乗れなかった原因」 V1女子会見コメント

V1リーグ 女子

■埼玉上尾メディックス

●山崎のの花選手

サーブを走らせてサーブで相手を崩したかったが、サーブミスが多く、相手にもAパスにされてしまった。チームが勢いに乗れなかった原因の一つだと思う。大事な場面でなかなか決められず、相手には簡単に決められてしまった。細かいところのミスも出てしまったので、そこを修正していかないと、これから先の試合も勝てないと思う。

●岩澤実育選手

NECの速い攻撃に最後まで対応しきれなかった。 相手が優位な時に、自分たちの持っている良いプレーを意識して出せたら、もうちょっと違う展開になったのかなと思う。

ーー山崎選手に。過密日程の中でどうスパイカーを使っていこうと考えたか?

山崎:普段試合に出ているメンバーとは、いつも通りにやるだけ。一緒に入ることが少ないスパイカーとは、試合の中でどう組み立てていったらいいのかを考える必要がある。そこは練習とは違うが、上手くできたと思う。

ーー仁井田桃子選手が頑張っていたが。

山崎:高校が一緒(下北沢成徳高)なので、プレーを知っているし、信頼もしている。入って1本目に上げて、それを決めてくれたのは本当にありがたかった。岩澤実育も山口珠李も椎名真子も同じ高校で、もともと知っている。そこのやりやすさはある。

ーー岩澤選手に。今シーズン、サーブでの貢献度が高いが、高校時代からポジションはリベロ。いつサーブの技術を磨いたのか?

岩澤:リーグでサ-ブを打ち始めたのが昨シーズンの途中から。中学の時には好きなプレーだった。サーブ練習の時に自分からコーチに積極的に質問をして改善していった。今は自分の一番いいサーブが入るポイントを見つけられて、それを試合で出せている。

ーー正リベロに対する意欲は?

岩澤:キラさん(山岸あかね主将)という良いリベロがいるので、多くのことを吸収したい。いずれはキラさんを抜けるようなチームに信頼されるプレーヤーになりたい。

写真:堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック