全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ルートイン、GSS東京が勝利。混迷する日程の中、ファイナルステージへ駒を進めるチームは?

トピックス

2022-02-28 01:28 追加

ルートイン、GSS東京が勝利。混迷する日程の中、ファイナルステージへ駒を進めるチームは?

V2女子の結果

V2リーグ 女子

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は2月26日、27日サーラグリーンアリーナ(静岡県・リモート)で代替試合となる2試合を開催した。

26日はGSS東京のミドルブロッカー張心穆意がチーム総得点の半数近く、36点を挙げる大活躍。千葉に3-1で勝利を収めている。

27日は現在3位につけるルートインが熊本に3-0で勝利。順位は動かないが、勝利数並びにポイントを積み上げた。

V2女子のレギュラーラウンドは最終日を3月6日まで延長するが、対戦カード、開催場所については不明。数日中に何らかのアナウンスがあると思われるが、複数チームに新型コロナウイルス感染症の影響が出ており、予断を許さない。

公式スケジュールにおける次戦は4強によるファイナルステージ(3月12日から岐阜県にて開催)となる。現時点での4位は浜松だが、もし何らかの代替開催が行われた場合、結果次第では順位が入れ替わる可能性もあるだけにチーム関係者、ファンにとっては気がかりなところだろう。

2月27日終了時点での勝敗は下記の通り。

・群馬銀行(13試合12勝1敗、35ポイント)
・アランマーレ(14試合11勝3敗、34ポイント)
・ルートイン(13試合11勝2敗、30ポイント)
・浜松(13試合6勝7敗、18ポイント)
・JAぎふ(10試合5勝5敗、15ポイント)
・千葉(12試合5勝7敗、14ポイント)
・GSS東京(11試合4勝7敗、13ポイント)
・仙台(10試合4勝6敗、12ポイント)
・大野石油(11試合2勝9敗、6ポイント)
・熊本(13試合0勝13敗、3ポイント)

撮影 堀江丈

*写真は上田大会のものです

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック