全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>GSS東京・平岩沙紀「私たちは私たちらしく。どんなボールが決まっても1点を喜ぶ」、ルートイン・横田実穂「迷った時もありましたが、自分たちの持ち味はやっぱりコンビバレーです」 V2女子会見

会見・コメント

2022-03-17 10:41 追加

GSS東京・平岩沙紀「私たちは私たちらしく。どんなボールが決まっても1点を喜ぶ」、ルートイン・横田実穂「迷った時もありましたが、自分たちの持ち味はやっぱりコンビバレーです」 V2女子会見

V2リーグ 女子

●井上謙監督

ファイナルステージ、非常にレベルの高いチームとの連戦となります。昨日アランマーレさんに勝って、ほっとしたということではないんでしょうけれども、モチベーションをGSS東京さんとの戦いに切り替えるのが難しいゲームだったと思います。しかし選手が高い集中力を持って頑張ってくれたなと思います。

ーー2位以上が確定したことに関しては?

井上:素直に喜びたいと思います。昨年、チャレンジマッチに出場して、「もう一度あの場所に戻ろう」という目標でシーズンインをしました。またあの場所に戻って戦えるというのは本当に良かったなと。

ーー昨日のGSS東京は松浦未波選手、張心穆意選手がコンビで良い仕事をしました。あのプレーに危機感を持ちましたか?

井上:本当におっしゃる通りですね。張選手を中心に高さのある攻撃、松浦選手が非常にうまくミドルを使っていました。そこに色摩選手のテクニック。これまで2試合戦ったGSS東京とは全く違うチームだからね、という話をして選手たちも十分理解して戦ってくれたと思います。

ーーミドルのコンビを機能させなかったという点では、サーブの効果もあったと思います。

井上:短期決戦ですので、新しい戦術とか新しい戦略ではなくて、サーブをしっかり打つ、サーブレシーブをしっかりやることを改善しました。私自身が現役の時にそういう試合を経験していて、優勝しているチームはやっぱりそこをしっかりとチェックしてきていましたね。自分たちのストロングポイントであるサーブをさらに見直してきました。選手たちは今日、良いサーブを打ってくれたなと思っています。

ーーGSS東京側も「ルートインは前回対戦した時とは違う」という感想だったようです。

井上:シーズン前半はオーソドックスな形でプレーをしていたのですが、そこからスピードも出していかなければなりません。今日も活躍しました富澤、平原(果歩)、レフト側の軸、高橋(愛未)。ライト側の村山の貢献がありますね。それから、やっぱりラリーをしっかり取り切ろうと。ラリーに向けてのパス、コンビ。後半戦ずっとチームの課題として取り上げてきました。今日の試合はそこが良かったと思っています。

ーーリベロに入っている野上選手の評価は?

井上:バランスが良いプレーヤーです。そしてパスが柔らかい。セッターが上げやすいパスを出せる。状況判断もできるし、咄嗟のボールにも反応ができます。
水谷が怪我をした段階で、野上と話をしてリベロをやってもらいました。野上のパスセンスと、周りの選手が野上にボールを任せて攻撃に専念できるようになったところがチームとしては大きく変わった点でもあります。
彼女はノータッチがないんですね。必ず反応してタッチをしていくので。不意のボールとか、なかなか反応できないボールにもしっかり反応していく。非常に視野が広いプレーヤーです。野上のリベロ起用は大きな効果が出てきたと思っています。

ーー藤岡智恵美(旧姓、堀崎)選手兼コーチについて。

井上:彼女がチームに入ってきたことも大きいです。女性のチームですし、やっぱり男性ではわかりづらいところもあります。
彼女はプレーヤーでもあり、指導者でもありますから、非常に幅広く見てくれています。我々だとわからないようなこともわかっている。選手とスタッフを繋いでくれるパイプ役になっています。
彼女の加入で選手が楽になったというか。選手の交代とかは心情的な部分もありますから、本当に助かっています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック