全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>GSS東京・平岩沙紀「私たちは私たちらしく。どんなボールが決まっても1点を喜ぶ」、ルートイン・横田実穂「迷った時もありましたが、自分たちの持ち味はやっぱりコンビバレーです」 V2女子会見

会見・コメント

2022-03-17 10:41 追加

GSS東京・平岩沙紀「私たちは私たちらしく。どんなボールが決まっても1点を喜ぶ」、ルートイン・横田実穂「迷った時もありましたが、自分たちの持ち味はやっぱりコンビバレーです」 V2女子会見

V2リーグ 女子

ーー松浦主将に。今日は張心穆意選手とのコンビが有効には出せませんでしたが…?

松浦:ビシッと決まるコンビがなかなか作れませんでした。相手のサーブも良かったですね。サイドアウトを1本で切ることができずに、苦し紛れにミドルを使ってしまったという感じでした。

ーー平岩選手に。相手はサーブで攻めてきていましたが、サーブレシーブ時に感じたものは?

平岩:こういった時はこうしようと、サーブレシーブを取るメンバーで対応を確認して臨みました。サイドの2人は昨日よりも動けていたと思います。もうちょっと練習で詰めていけたら、もっと関係性も良くなります。サーブレシーブから良いコンビが作れるところまで持って行けたら、と思います。

ーーGSS東京は昔から難しい試合で底力を発揮しますよね。格上の相手、V1のチームとの対戦とか、土日でずいぶん離れた試合会場になってしまったりとか、そういう時に力を出す。今回、4位に「滑り込み」ました。そのことに対して厳しい見方をする人もいると思います。でも、そういった厳しい時にGSS東京は力を見せる傾向がありますよね。

平岩:そういう時こそ「やってやろう」という感情がみんな強くて。試合前にも話したのですが、4位なんだから1位と同じことしても駄目じゃん、って。私たち普通じゃ駄目だよねって。点を取って当たり前じゃなくて点を取ったらもっと喜んで、私たちは私たちらしく、どんなボールが決まっても1点を喜ぼうって…。このチームはそういう部分を大事にしています。 

ーー最終戦、GSS東京の底力を見せるという意気込みを一言。

平岩:今季最後の試合になるので悔いがないように。もっといいところを出せたらいいなって……(言葉に詰まる)

松浦:このメンバーで試合ができること、ファイナルに残ったことをすごくうれしく思っています。最後の1試合、今できることを全力で出し切るというのを目標にして、私はスパイカーの良さを出せるようにどんな時でも冷静になって。

そして、みんなが笑顔になれるようなチームの雰囲気だったり、その流れを作っていけるように。最後まで全力で戦って、最後勝って、みんなで笑顔で終わりたいなと思います。 

色摩:今シーズン最後の試合、このメンバーでやる集大成の試合です。本当に気持ちよく終われるように、一人ひとりが自分の仕事をして、笑顔で終わりたいなと思います。

3名、笑みの中に光るものを見せて、記者会見場を後にする。 

撮影 堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック