全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日本男子、エース量産でアジア王者イランに快勝 西田有志「ブラジルの皆さんの声援でみんないいパフォーマンスができた」VNL

トピックス

2022-06-13 10:01 追加

日本男子、エース量産でアジア王者イランに快勝 西田有志「ブラジルの皆さんの声援でみんないいパフォーマンスができた」VNL

VNLの結果

全日本代表 男子

バレーボールネーションズリーグ男子第1週ブラジリア大会第4戦は昨年アジア選手権で敗れたイランとの対戦。第1セット序盤から日本はリズムよく得点を重ねる。高橋藍が連続サービスエースでブレイクすると西田有志にもサービスエースが出て25-20で先取する。第2セットも序盤に山内晶大のブロックが出るなど良い立ち上がりを見せた日本。イランはメンバーを入れ替えていくが流れは日本にあるまま点差を大きく広げる。終盤高橋藍に代わって入った大塚達宣もブロックをよく見たプッシュなどで得点し25-14で連取。第3セットはイランにリードされる場面もあったが、中盤から日本が主導権をつかみ、そのままストレートで快勝。日本はサービスエース10得点、ブロックでも6得点。

スターティングメンバー
西田有志 小野寺太志、山内晶大 関田誠大 高橋藍 石川祐希 リベロ山本智大

試合後のインタビューで西田は「1セット目からいい調子でいけた。ブラジリアの皆さんの声援のお陰で選手全員がいいパフォーマンスを発揮できた」と笑顔でコメントした。

写真:volleyballworld 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事