全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>仙台・佐藤あり紗監督兼選手「凄く悔しい思いを抱えて、1年間いろんな練習をしてきた」、ヴィアティン・浅川希「バレーを楽しませてもらっている。アランマーレは懐かしい存在」 V2女子会見

会見・コメント

2022-11-17 09:01 追加

仙台・佐藤あり紗監督兼選手「凄く悔しい思いを抱えて、1年間いろんな練習をしてきた」、ヴィアティン・浅川希「バレーを楽しませてもらっている。アランマーレは懐かしい存在」 V2女子会見

V2リーグ 女子

■JAぎふリオレーナ

● 高石明美主将(アウトサイドヒッター)

自分たちのバレーを対策されて、そこからの切り返しが通用しなかったというのが1番の反省点だと感じています。良いところもあったんですけど、それが続かなかったり、相手に対策されて、どうしようもない状況が中盤で出てしまった。自分たちの弱いところが一番出てしまったかなと思います。

●山本裕香選手(アウトサイドヒッター)

どうにか1勝を取って、来週の自分たちのホームゲームにつなげたいところでした。自分たちのバレーをもう1回全員で再確認しながらこの試合に臨みました。初戦の時よりもうまくいっている部分もあったし、手応えも感じているんですけど、もっと厳しさをもって自分たちで極めていかないといけないと痛感しました。
リガーレさんのディフェンスが良いのは去年対戦してからずっと思っていました。そこをいかに崩して、自分たちのバレーができるかというところもポイントだったと思うんですけど、それをなかなかさせてもらえなかった。そういう試合展開を作れなかったので、そこが反省点だと思っています。

●唐川愛璃選手(セッター)

まずは自分たちのバレーをということで練習をやってきたんですけど、ゲームの中で上手く作ることができなくて…やりたいバレーができていない。できていたとしても、それが続かないという場面が多くありました。
リガーレさんは拾ってくるチーム。打っても打っても決まらないという場面が続いて、立て直せずに3セット取られてしまいました。自分たちのバレーをするために何が大切かっていうことを見つけて、そこを徹底的に練習していかなければと感じました。

ーー高石主将に。2年目でのキャプテン就任。自分のプレーに影響は?

高石:自分はプレーで引っ張っていこうと思っています。コートの中に立つ責任は常に持ってプレーしています。足りない部分は先輩方が助けてくれています。今は負け続きですけど、しっかり立て直して次の試合は勝ち切れるようにしたいと思っています。

ーー対策されているという言葉がありましたが、リオレーナの攻撃バレーを研究されていると感じますか?

高石:最初は決まっていたものが、試合の中で対策されるという展開が多くありました。自分たちの引き出しが少ない分、次の手段が今日はなかったと思います。対策された後の攻撃だったり、違った手というのを見つけていかないといけないと感じました。

ーー山本選手に。チームの在籍年数が長く、頼られる存在です。昨シーズンは依存からの脱却といいますか、あえて「脱・山本」を掲げて選手の自立心を養ったために出場機会が限られたりもしました。山本選手から見て、今シーズンのチームをどのように評価していますか?

山本:今までのリオレーナとは全く違いますね。これまでは守備を重視してきて、そこに費やす時間も多かったです。今は…決して守備をおろそかにしているというわけではないのですが、メンバーの個性にも合わせて、攻撃に重きを置いて練習しています。なかなかそこにはまれないこともありましたが、自分にとっての挑戦でもありました。
このバレースタイルになって2年目。まだまだ精度が粗いところはあるんですけど、それをやり続けるんだっていう信念でチーム作りができています。あとは結果を出すだけと思っています。

ーーリオレーナのバレーを再確認するとは?

山本:個々の能力は高いものがあると思っています。決して他のチームには劣っていない。でも個が頑張っていても結果はついてこないと思います。個をいかにチーム力としていくか。今シーズンが始まる前にみんなで認識してやってきたことがまだ結果として出せていない。つながりがあって勢いのあるチームになりたいなと思います。

ーー唐川選手に。トスを上げていて感じることは?

唐川:1枚になったとしても攻撃がうまく噛み合っていなくて決められない。相手のディフェンスに拾われてしまう。自分たちの体力のなさや、引き出しのなさで何回も同じ攻撃になっちゃったりして…相手に切り返されて取られる場面が多くありました。バックアタックを含めた攻撃を組み立てなきゃいけなかったんですけど、自分の中で余裕がなくてレフトばっかりになってしまったり。

ーー考えることが増えている?

唐川:これまでのオープン気味のバレーに比べて、サイドもバックアタックもスピードを上げて速い展開のバレーを目指しています。その中でどこを使えば1枚になるかとか、誰が当たっているかというのをゲームの中で考えなきゃいけないんですけど、まだ自分が選手の良さを活かせていないなって。

ーー高石主将に。リガーレ仙台の今シーズンの印象は?

高石:レシーブ力のあるチームですが、いろんなところから打てる選手も多くいます。最後までボールを追ってつないでくるのがリガーレさんの強みだと感じました。自分たちも自分たちの強みを突き詰めて、次の試合に向けて準備していきたいなと思いました。

●鈴木智大監督

開幕戦から1週空いてリガーレ仙台さんへの対策はしっかりしてきたつもりでしたが、堅いディフェンスの前に決め切れずに、こちらがミスをしてしまうパターンになってしまいました。そこが大きな敗因かと思います。

ーー昨シーズンはバックアタックを駆使した意欲的なバレーで注目されました。その熟成度は?

鈴木:昨シーズンからメンバーも大きく変わりました。今年のメンバーは能力的には高いと思うんですが、やるべきことを理解するという部分でまだ苦しんでいますね。大事な場面で必要なことができていないので、まだ時間が足りてなかったのかなとは思います。

ーーバックアタックに関しては?

鈴木:昨年同様、標準装備です。本数を多くするというのではなく、バックアタックを当たり前の攻撃にしたい。使うことが目的ではなく、そこで点を取ることが目的です。試合の中でストレスがかかってしまうとオーソ-ドックスなサイドへのバレーになってしまう傾向はあって、それが開幕から出てしまっているところですね。

ーー今シーズンのリガーレ仙台の印象。気になった選手などは?

鈴木:昨年同様フロアディフェンスはすごく硬いものがあります。宮田選手の得点能力が高く、そこを注意していたんですけど、やはり点数を取られてしまった。そこをどう抑えるか、ですね。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック