全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>WD名古屋・高梨健太「ずっとこっちが苦しい展開を耐えられなかったのが今日の敗因」 V1男子会見

会見・コメント

2023-01-14 02:30 追加

WD名古屋・高梨健太「ずっとこっちが苦しい展開を耐えられなかったのが今日の敗因」 V1男子会見

WD名古屋vsサントリー WD名古屋会見

V1リーグ 男子

1月8日にエントリオ(豊田合成記念体育館)(愛知県)で行われたバレーボールV1男子、WD名古屋vsサントリーの試合後会見コメントのうちWD名古屋分をお届けする。

■ウルフドッグス名古屋
●ヴァレリオバルドヴィン監督

もちろんハッピーではありません。凄く残念に思っています。結果ではなくパフォーマンスについてです。

――どの点についてパフォーマンスが良くなかったか?
ヴァレリオ:第1セットからあまりプレーがうまくできていませんでした。相手がサーブでミスを多くしてくれたので第1セット取ることができました。
サーブ、レセプションは昨日はいい結果でしたが、今日は相手が我々を上回りました。
ポジション4(フロントレフト)のアタックが良くありませんでした。

――シーズン当初に波を少なくしたいという話をしていたが、昨日と今日のパフォーマンスについては波があったということか?
ヴァレリオ:そうだと思います。昨日でも我々のベストではありませんでしたが、より良い戦い方ができました。
一番の違いはサントリーの戦い方が昨日より良かったことです。
我々がどうすべきかというところは波、ばらつきをなくすことです。

――フロントレフトの攻撃を強化する目的でS1(セッターがバックライトにいるローテーション)でクレク(バルトシュ)選手をライトに移動させアウトサイドヒッター(高梨健太選手)をレフトで攻撃させたということか。
ヴァレリオ:我々にとって状況が難しかったです。2点ビハインドだったのでポジション2(フロントライト)のほうがクレクが打ちやすく、サントリーさんのブロックが弱いということがまずあります。

――フロントレフトの攻撃が決まらなかったので永露(元稀)から前田(一誠)選手に交代したのか?
ヴァレリオ:それは違います。一つの原因だけではなく良い悪い要因いろいろ入っています。
何かを変えないといけない場面でした。前田さんは我々の武器ですしチームがより良い状況になるように起用しました。

――永露選手をどのように評価しているか?
ヴァレリオ:彼は非常に明るい未来が待っていると思います。ゲームの中でもっと経験が必要です。
選手を交代するのは選手を信じていないわけではなく、チームに何か違うことをもたらしたいからです。
ケーキを焼くときに何か違う香りを出すという話だと思います。

――勉強してほしい部分は?
ヴァレリオ:伸ばせるところが一杯あります。他のセッターの多くもそうかもしれませんが正確さです。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事