全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>佐藤あり紗監督兼選手が率いる仙台がフルセット勝利し、ファイナルステージ進出を視野に。熊本が3勝目。首位は群馬銀行がキ-プ V2女子

トピックス

2023-01-23 09:20 追加

佐藤あり紗監督兼選手が率いる仙台がフルセット勝利し、ファイナルステージ進出を視野に。熊本が3勝目。首位は群馬銀行がキ-プ V2女子

V2女子の結果

V2リーグ 女子

2022-23 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は1月21日、21日に岐阜メモリアルセンターで愛ドーム(岐阜県)、サーラグリーンアリーナ(静岡県)、ウイングまつばせ(熊本)で計8試合を開催した。
*岐阜はV1、東レアローズとの共催

オリンピック出場をはじめ輝かしい戦歴を誇る佐藤あり紗監督兼選手(リガーレ仙台)が今季限りでの現役引退を発表。同時に監督からも退き、チームも退団するとの報に、カテゴリーを超えて、多くのバレーファンに衝撃が走った。

注目が集まる仙台は28日、サーラグリーンアリーナ(静岡)で首位群馬銀行と対戦。試合はセットカウント3-1で首位の群馬銀行が勝利を収めた。

群馬銀行は「打てるセッター」古市彩音がスタートで入り、菊地実結がその対角に。菊池は第4セットでミドルブロッカーに回り、この試合でもマルチプレーヤーぶりを発揮した。

アウトサイドヒッターにはエース、田中瑠奈が起用され、バックアタック4得点を含む19得点で勝利に貢献した。

29日、仙台はホーム浜松と対戦。今シーズンの順位争にも影響する重要な1戦となったが、フルセットの激闘を制した仙台が勝利を収めた。

仙台は今季新加入の柳下夏苗が20得点の活躍。

浜松は期待の長身セッター森木かれんが前日のヴィアティン戦に続き、全セットのスタートセッターを務めた。

V2女子は3チームがファイナルステージに進出して最終決戦を行うが、現時点では群馬銀行とアランマーレの2強に対して、3位を浜松、ルートイン、仙台で争う形になっている。

群馬銀行とアランマーレは共に1勝で順位変動なし。群馬銀行が首位をキープしている。

JAぎふはホームで1勝1敗。

熊本は大野石油にフルセットで敗戦するも、翌29日にルートインを破り3勝目を挙げた。

次戦は1月28、29日。宮城県、長野県で試合が行われる。

1月22日終了時点での勝敗は下記の通り。

・群馬銀行(12試合11勝1敗、33ポイント)
・アランマーレ(12試合11勝1敗、31ポイント)
・浜松(12試合8勝4敗、24ポイント)
・ルートイン(10試合7勝3敗、21ポイント)
・仙台(11試合7勝4敗、20ポイント)
・JAぎふ(13試合4勝9敗、12ポイント)
・GSS東京(12試合4勝8敗、12ポイント)
・熊本(11試合3勝8敗、9ポイント)
・ヴィアティン(10試合3勝7敗、8ポイント)
・大野石油(10試合2勝8敗、9ポイント)
・千葉(11試合2勝9敗、8ポイント)

*写真は前橋、流山、荒川大会のものです

撮影 堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事