全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>延期試合は筑波大が青学大をストレートで下す 関東大学春季リーグ女子

トピックス

2024-05-16 11:17 追加

延期試合は筑波大が青学大をストレートで下す 関東大学春季リーグ女子

関東大学春季リーグ女子 延期試合の結果

大学バレー 女子

 2024年度関東大学バレーボール春季リーグ戦女子1部は5月15日、渋谷・青山学院大記念館で延期試合、筑波大対青山学院大戦を行い、筑波大が3-0で勝ち、9戦全勝で3季連続優勝へ大きく前進しました。青山学院大は2敗目。最終週(18、19日)の筑波大の対戦相手は18日・東海大、最終日の19日・日本体育大となっています。

 この試合は5月6日(青山学院大記念館)で行われる予定でしたが当時、大阪で開催中の第72回黒鷲旗全日本男女選手権大会で筑波大がベスト8に勝ち残り、3日の準々決勝戦(結果は初優勝したV1の岡山シーガルスに0-3)に進んだため延期となっていました。その後、春季リーグ戦の展開で両校が優勝争いに係っていることから最終週の前に対戦させることになりました。いずれも関東学連の判断です。

[女子]▽延期試合(5月15日・青山学院大記念館)
筑波大(9勝0敗)3(25-20、29-27、25-21)青山学院大(7勝2敗)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事