全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V・プレミアリーグ女子 久光製薬、2レグも無敗で終える。デンソーがNECに勝ち、4位に。上尾はホームでストレート勝利

トピックス

2017-12-10 01:01 追加

V・プレミアリーグ女子 久光製薬、2レグも無敗で終える。デンソーがNECに勝ち、4位に。上尾はホームでストレート勝利

V・プレミアリーグ女子の結果

V・プレミアリーグ 女子

 V・プレミアリーグ女子は、9日、深谷市総合体育館(ビッグタートル)と佐賀県総合体育館で2レグ最終日の試合が行われた。

 ホームゲームを戦った首位の久光製薬は東レを3-1で下し、開幕以来続いている連勝記録を14に伸ばし、全勝のまま2レグも終えた。もう一方のホームゲームとなった上尾は連敗が続いていたが、日立をストレートで下し、連敗を6で止めた。2位のJTはトヨタ車体をストレートで下し、今季10勝目を挙げた。

 デンソーはNECに3-1で勝利し、6勝目。順位は4位となった。川北元監督は「NECとはいつも長いラリーとなるので、粘り強いゲームをしなければと肝に銘じて挑んだ結果、選手たちが頑張ってくれた。ディフェンス面も大きな課題として取り組んできたが、だんだんよくなってきている」と話した。石井里沙選手は「自分自身は攻撃面が課題。直せるところはしっかり直して、明日はこの勝ちを無駄にしないようにしっかり準備して臨みたい」と試合を振り返った。

 一方、敗れたNECの山田晃豊監督は、「1セット目の入りの調子が悪く、相手のペースにさせてしまった。守備、サーブレシーブ、つなぎなどが課題。ゲームコントロール力も1戦ずつ経験しながら身につけていきたい」と試合を振り返り、今後の抱負を語った。また、廣瀬七海選手は、「出足がよくないと感じたが、それを修正できないまま1セット目を失い、2セット目で取り戻せたが、その後はいいところまでいって取り切れない場面があり、そこが自分たちの甘さだったと思う」と冷静に試合の反省点を話した。

山田晃豊監督(NEC)

廣瀬七海選手(NEC)

●順位・勝敗(ポイント)
1 久光製薬 14勝0敗(41)
2 JT 10勝4敗(30)
3 東レ 7勝7敗(19)
4 デンソー 6勝8敗(19)
5 トヨタ車体 6勝8敗(18)
6 NEC 5勝9敗(17)
7 上尾  5勝9敗(15)
8 日立 3勝11敗(9)

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック