全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>黒鷲旗男子準決勝 東レ談話 戸嵜「勝負所の2段トスを決め切るのが自分の仕事」他

会見・コメント

2018-05-09 08:00 追加

黒鷲旗男子準決勝 東レ談話 戸嵜「勝負所の2段トスを決め切るのが自分の仕事」他

黒鷲旗準決勝 東レ談話

V・プレミアリーグ 男子

東レ・戸嵜「勝負所の2段トスを決め切るのが自分の仕事」

戸嵜嵩大

――今大会を通じて自信はつきましたか?

戸嵜:うーん…、どうですかね。あまりついた感じはしないですね。

 

――でも、難しい2段トスを何度も強打で打ち切っていましたが。

戸嵜:でも、それを決めているイメージが、自分の中ではないので、勝負所の2段トスを決め切るのが、自分の仕事だと思うので。どうでもいいったら変ですが、あまり流れと関係ないところで2段トスを決めても、あまり意味が、勝負所で決めないと意味がないかなと。

 

――とはいえ、今大会を通じて得点源として見られているというのは感じていたと思いますが?これを来シーズンにどう繋げていきますか?

戸嵜:自分のマークが昨日より明らかに強くなった場面で、なおかつ、その高いブロックに対してどう決めるのかが自分の課題だと思うので、それをどう克服するのと、最後のセットで自分がカットを狙われて、攻撃にならないというのがあったので、最低限のパスをしていかないといけないなと思いました。

 

 

東レ・鈴木「うぇーぃってやってしまったら(警告)取られた」

鈴木悠二

――今日3セット目ですかね、24、25点でセットを取る直前でジャンプサーブでポイントを取って、さらにビック(バックアタックの速攻)を決めて、審判に警告を取られたのはなんだったのでしょうか?

鈴木:あぁ、打ってガッツポーズしちゃったんで。振り向いてやれば良かったんですけど。うぇーぃってやってしまったら、取られてしまいました。

 

――それが面白いといったら、あれですが、不思議なシーンだったんで。

鈴木:はっはっは(笑)

 

――惜しい試合を落としましたね。

鈴木:そうですね。

 

――リーグでも感じたのですが、勝てる試合を最後に落とすという印象がありました。中の選手たちがそう思っているかわらかないですが。

鈴木:確かにリーグ中はそんな気がしましたが、今回はそんな感じでしたね。向こうが対応してきて、拾われだして、逆にこっちが拾えなくなって、向こうが一枚上手でした。

 

――この大会に関して、鈴木さんはピンチサーバーとして使うということだったんですか?

鈴木:いえ、そういうわけではなくて、最初は出ていたんですけど、早稲田大学戦の時あまりよくなくて、戸嵜がやっぱりよくて。パスも、失点もあまりしてないですかね。崩してもあいつ自分で決めているんで。

 

――個人的には(ピンチサーバーという出方が)もったいないなと思いました。ジャンプサーブ一発で流れを変えるので。出たシーンでことごとく流れを変えていましたし。スタートから使えば、もう数回サーブを打てるチャンスがあるわけですし。

鈴木:いえいえ、ピンチサーブだから良いサーブが打てるというのはありますけどね。

 

――いえいえ、他の選手で同じことができる選手はいないと思いますよ。

鈴木:ありがとうございます。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事