全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>山内晶大「フランス武者修行を経験し、プレーはもちろん、英語ももっと頑張ろうと思いました」

インタビュー

2018-06-16 08:00 追加

山内晶大「フランス武者修行を経験し、プレーはもちろん、英語ももっと頑張ろうと思いました」

全日本/パナソニック 山内晶大選手インタビュー

V・プレミアリーグ 男子 / 全日本代表 男子

 昨年の全日本では藤井直伸選手とのコンビにより、スパイクの打数が増え、攻撃面で進化を遂げた山内選手。所属チームのパナソニックでは天皇杯、V・プレミアリーグでも優勝を果たし、3月にはフランスリーグのチームに武者修行。さまざまな経験を経て、今年の全日本ではどんな活躍を見せてくれるのか? 今思うことを語ってもらった。

リーグ優勝を経て、フランスへ

――まずはリーグ優勝おめでとうございます。

山内:ありがとうございます。

――優勝した瞬間は、どんな気持ちでしたか?

山内:僕にとっての優勝は学生時代の東海リーグ優勝以来だったと思うので、本当に嬉しかったです。

――シーズンを振り返って思うことは?

山内:天皇杯でもリーグでも優勝できて、とてもよいシーズンでした。

――ケガのない状態で臨めたという意味でも感慨深かったのでは?

山内:そうですね。内定選手の時も1年目の時もケガだったので、ファイナル6も今回が初めての経験でした。2年目でやっとフル出場できて、しかも優勝できて、本当によかったと思っています。

――リーグ終了後にフランスに武者修行に行かれたそうですが…? パナソニックの若手選手で?

山内: はい。海外留学のような形で、僕と久原(翼)と伊賀(亮平)の3人でフランスのポワティエという町にある「Poitiers(Stade Poitevin Volley-Beach)」というチームに2週間行かせていただきました。

―― チーム練習はパナソニックや全日本と比べて、違いはありましたか?

山内:練習時間はもっと短く、6対6の練習がメインでした。

――試合形式ということですよね?

山内:そうですね。ポイントをつけたりして。

――活躍できましたか?

山内:途中からセッターの人とのコンビが合うようになってきて、スパイクを決めたりできるようになりました。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック