全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>中田久美監督「サーブで相手を崩しきれなかった」古賀紗理那「決めなければという気持ちが強すぎて冷静に打てなかった」 世界選手権 ドミニカ共和国戦 記者会見コメント

会見・コメント

2018-10-08 14:17 追加

中田久美監督「サーブで相手を崩しきれなかった」古賀紗理那「決めなければという気持ちが強すぎて冷静に打てなかった」 世界選手権 ドミニカ共和国戦 記者会見コメント

全日本代表 女子

■古賀紗理那選手

今日の試合は勝ててよかったですが、個人的には決めなければという気持ちが強すぎて、 ブロックを見て冷静に打てていなかったので、 どういう状態になっても、しっかり落ち着いてプレーできるように明日以降はしていきたいと思います。

■新鍋理沙選手

今日の試合は勝ててよかったと思うのですが、なんとなく相手のリズムで試合が進行してしまいました。 しっかり切り替えて明日に向けていい準備をしたいと思います。

■奥村麻依選手

1セット目は自分たちのリズムでいい状態で試合を進められましたが、 2、3、4セット目は自分たちのミスが多くなってしまい、相手の勢いに負けるような感じで自分たちの勢いがなくなってしまいました。 5セット目はサーブで攻めて、自分たちのリズムのバレーができたので、勝ち切れたということはよかったと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事