全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>選手が設営に参加のGSS東京サンビームズ。V2女子から見るVリーグのホームゲーム

会見・コメント

2019-02-13 11:20 追加

選手が設営に参加のGSS東京サンビームズ。V2女子から見るVリーグのホームゲーム

V2リーグ 女子

(初日の会見から)

アランマーレ 3(25-21、25-18、25-17)0 大阪

■プレステージ・インターナショナルアランマーレ

「アランマーレのトータルディフェンスはサーブから」

●木村友里選手

今日はどんな展開になっても自分たちのやってきたことを信じてやろうということで臨みました。それが最後まで、3セット通していい形となってできたかなと思います。

●菅原里奈選手(内定選手・東海大学在学中)

少し出番があって、その中で自分が今持っている力を出せるように頑張ったんですけど、まだまだチームに慣れてなくて…。自分のプレーができなかったなっていう反省です。

――木村選手に。今日のご自分のプレーとしては?

木村:ディフェンスのところを重視してやっているんですけど、中盤あたりからうまくブロックとディグのトータルディフェンスというところが機能してきたかなと。
あとは攻撃のところをもうちょっと得点を取らなくてはいけないポジションだと思うので、もっとそこは詰めていけたらなと思います。

――引き続き木村選手に。今年1年目で、昨シーズンは内定選手としてプレーされていますが、今との違いは?

木村:内定選手の時は思いっきりやるのみっていう、本当に周りの先輩方に支えられながらコートの中でやっていた感じなんですけど、1年たって自分も少しでも軸になるように、ポジション的もオフェンスとディフェンス両方要になってやっていかなければならないところだと思うので、もっと中心となってやっていけたらなと思います。

――菅原選手へ。数試合出場した中では、今日が一番長く出たかと思います。ご自分のプレーを振り返っていただけますか?

菅原:プレーの面では何もできなかったのですが、新人らしく元気にということはできたと思います。
大学まではミドルをメインでやっていて、サイドをやり始めてからあまり時間がたっていなくて。しかも新しい環境でやるとなって、そこにまだ全然対応できてないし…体もプレーの技術も全然足りてないので、そこを通用するレベルまであげられるように頑張りたいと思います。

――今サイドをやっているのはどういった理由ですか?

菅原:ポジションを限定しないでミドルもやりながらサイドも、両方できるようにするというのを目標にしています。

――お二人のプレーのアピールポイントを教えてください。

木村:ディフェンスのところに重きを置いてやっているので、そこを一番見てほしいのと、小さい選手なので、攻撃のところは機動力を重視してやっていきたいと思っています。そこを見ていただきたいなと思います。

菅原:プレーに関してはまだまだ。これからの成長に期待してほしいです。試合に出たら新人らしく元気にプレーしたいと思うので、そこを見てほしいです。

●北原勉監督

試合としては自分たちのバレーに徹しようということでやらせていただきました。
自分たちはトータルディフェンスを中心に掲げており、トータルディフェンスというと、ブロックとかディグの関係とかがフォーカスされることが多いですが、アランマーレのトータルディフェンスはサーブから。サーブからディフェンスが始まっているというところです。

――序盤連勝された後、連敗を挟んで、ここにきてまた連勝ですね。

北原:チームがまだ創部から数年ということで若いところがあると思います。
移籍で来てくれた選手もいますが、基本的には若いチーム。新卒から入ってきた子たちが多いので、やっぱり精神的な部分がもう少し安定してくると勝利に対しても安定感が出てくるかなと。

――波がある中で、今好調な理由は何でしょうか?

北原:何が良くて勝てたのか、そして負け始めた時は何があまり良くないのか、毎週フィードバックするようにしています。
団結してベクトルを合わせられたところから、また連勝が始まったのかな、と感じています。

――連敗があったから今の連勝があると?

北原:はい。それが大きいと思います。

――トータルディフェンスの完成度はどのくらいと見てらっしゃいますか?

北原:まだ6割から7割に行かないかな、と。
身長が小さいチームですので、やっぱりディガーとの連携をしっかりやっていかないと。単発でブロックだけとか、ディガーだけとか個人でやってしまったら、やっぱり高さが一番重要なバレーボールでは勝負にならないので。そこをしっかりとできているかいう点では6割、良くても7割くらいかなというところです。

――サーブターゲットとしては、ゾーンと人とどちらに重きを置かれていますか?

北原:大きく言ってしまえば…両方使っています(笑) 使い分けをすごくしていますね。
簡単に言ってしまえば、サーブを打てばどこに上がるかというところで、しっかり攻撃されてもかまわないからここに打って、そこからブロックを絞って止めに行くと。崩すときは崩す。サーブのいい選手であれば、どのゾーンに打てばどこに上がってくるかということが見えてきたりするので、ゾーンに打つ場合と人を崩す場合と、トータルディフェンスで考える場合の3つを使っていますね。

――菅原選手を経験のあまりないサイドで使われている意図は?

北原:エース、オポジットの江川(優貴)も東海大の時はミドルでした。うちの場合はポジションにとらわれず全部やらせるので、彼女にもミドルもできてウイングもできるというトータルでできる選手になってほしいなと思っています。

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック