全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>選手が設営に参加のGSS東京サンビームズ。V2女子から見るVリーグのホームゲーム

会見・コメント

2019-02-13 11:20 追加

選手が設営に参加のGSS東京サンビームズ。V2女子から見るVリーグのホームゲーム

V2リーグ 女子

(2日目の会見から)

開幕記者会見は「V2リーグをもっと知ってほしいというところがあったので、ちょっと一発いこうかなって」

■プレステージ・インターナショナルアランマーレ

●江川優貴選手

チームとしてはサーブからしっかり攻めて、ブロックとディフェンスのところで機能できたので、1点につなげられたかなと思います。個人的にも気持ちで打ち切れたと思います。

●森寿実子主将

後半シーソーゲームで苦しい試合でしたが、ここ一本の集中力という、今年のスローガンに上げているところを取れたのが勝因だったかなと思います。自分としてはもっとできることがあったかなと思うので、しっかり次に活かしていきたいと思います。

●浅川希選手

最後までみんながみんなのことを信じ切って取りに行けてたっていうのが大きいかなと思います。単純なプレーが多くなってしまったので、しっかり考えていきたいと思います。

――江川選手へ。押しも押されもせぬエースです。その自覚についてお聞かせください。

江川:トスが上がってくるし、周りからもフォローつくよって声をかけてもらって、私自身も勝負に行けたと思います。
(特に)後半上がってくるというのもわかるし、しっかり(トスを)呼んでいかなければいけないなと思います。
まだまだ成長できるところもあると思うので、頑張っていきたいと思います。

――アウェーでも応援団の声が響いていました。プレー中も声は意識しますか?

江川:どこに行ってもたくさんの人が来てくれて、すごい大きな声で応援してくれて…。私はサーブの時に一番耳に入ってくるんですけど、他にも打つ時だとかレシーブの時なども常に声をかけてもらっているなって。応援の力を感じています。

――森主将へ。トータルディフェンスの中でのサーブレシーブ、レセプションリベロとしての役割をどのようにとらえていますか。相手側のサーブから始まるわけですが。

森:サーブレシーブの場面というのは相手が得点した後になるので、相手に流れをもっていかせないために落ち着いたサーブレシーブをすることを心がけています。
女子バレーだといいパスが返ったとしても互いにレシーブがいいので、ラリーの勝負になるっていうのは実感しています。
ラリー中、ブロックとディグの関係でサイドアウトをラリーで取るっていうことも含めて、リベロとしてしっかり頑張っていこうと思っています。
江川はどんなボールでも打ってくれるんですけど(笑)、基本はAパスを狙ってセッターにいい状況で上げてもらって、いい状況でスパイカーが打つというのが理想かなとは思います。
ただ自チームがバタバタしていたり、落ち着きたいときにはAパスばかりを狙うのではなくて、しっかりボールの触り方を意識する。状況によって使い分けるようにしています。

――浅川選手へ。若いチームの中でもうお姉さん的な立場になりますね。

浅川:個人的には調子の波があることはありますが、切り替えの部分とか大分意識的に変わったかなと。プレーのところで冷静に相手を見れるようになりました。
チームとしてトータルディフェンスで最後決めるという意識で今年もやってきました。一人ひとりの(得点を)取り切る意識は高くなってきていると思うので、このチームの強みとして続けていければいいなと思います。

――森主将へ。Vリーグ開幕記者会見での元気なお姿が印象に残っています。アランマーレをアピールするぞという意識でしたか?

森:最近のバレーボール界のことを考え、V1の方などでいろいろ話が出ていますので、(外に向けた)リーグのアピールになるということで。Ⅴ1だと全日本の選手とか注目選手が沢山いるので、(アクションを起こせば)知ってもらえる機会も多いと思うんです。
(開幕記者会見は)それと似ているというとおかしいかもしれないですけど(一つのチャンス)。Ⅴ2にはV1にない良いところもたくさんあるので、アランマーレのアピールというのはもちろん、V2リーグをもっと知ってほしいなというところがありました。だから、ちょっと一発(会見で元気に)いこうかなって思って(笑)

アランマーレポーズでの撮影。Vサインは「Win(勝利)」「With(共に)」を表す

●北原勉監督

直接順位が決まるというか、一つ上のチームとやるということでタフな試合を予想していたのですが、ある意味予想通りですね。
試合の中で修正をするということが良くできたなと。選手を褒めてあげたいですね。

――追い上げを受けていても、どことなく落ち着き、余裕も感じられました。トータルディフェンスの網の中にとらえているという意識だったのでしょうか。

北原:やられるところはやられてもいい、やられちゃいけないところはやられちゃいけないというところで、それを我慢し続けられたと思います。

――トータルディフェンスの運用についてもう少し教えてください。ディフェンスを組織することの効果として、サイドアウトを取られない、レシーブでセッターにAパスを返す。どちらに重きを置いていますか?

北原:継続率の方ですね。私たちはサーブのチームですので、サイドアウトを取られたくない。もちろんAパスを返したいというのはあるんですけど、どちらかというと継続して、ラリーの中でどうやって有利にしていくかというところをいろいろやっています。
ラリーの中でどんどんこちらが有利になっていけるように。どういう風にラリーを展開するかということに重きを置いて練習していますね。

――今日も応援が力強かったですね。

北原:「善くて強いチーム」というのを掲げています。よい、は善の字をあてます。
善いだけでもダメ、強いだけでもダメ、「善くて強い」チームを作ろう、ファンの皆様に愛されるチームを作ろうとやっています。
遠いところから練習にも駆け付けてくださっているファンの方もいます。ファンの皆様、地域の皆様と一緒に戦える、そして勝っていくというチームを、選手も自覚していて本当にありがたく思っています。
ファンの皆様の力が直接私たちのチームに加わって一緒に戦えるというというチームです。本当にありがたいの一言ですね。

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック