全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>インタビュー>東レ・藤井直伸「僕もキャプテンのつもりで引っ張っていく。代表で仲がいいのは西田とマサ」インタビュー

インタビュー

2021-01-05 07:30 追加

東レ・藤井直伸「僕もキャプテンのつもりで引っ張っていく。代表で仲がいいのは西田とマサ」インタビュー

藤井直伸インタビュー

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MENの東レアローズ副将、藤井直伸選手にお話を伺った。本日1月5日が誕生日の藤井選手は今季から副将に就任。中垣内ジャパンでの司令塔も務める。星野キャプテンや昨季について、そして代表で仲のいい選手など。

――星野キャプテンについて。今季は副将でもあるが、星野選手の良いところは。

藤井:ヒデさんも今年4年目になりますけど、年々自分がやってやるんだっていう意識がすごい強くなってるのかなと思いますし、それはコートの中でもすごく感じます。戦ってる選手として、(主将)1年目と去年とじゃ全然違う…。気迫のこもったプレーだったり、そういうのが僕らのチームでは求められてると思うので、そういうのを理解しながらやってるのかなと感じています。

僕自身も今シーズンは副キャプテンでもありますけど、自分自身がキャプテンのつもりで引っ張っていけるような存在でなきゃ、今季は駄目だなと思ってる。去年の悔しさもありますし。僕だけじゃなくて、ほんとに一人一人がそういう風に思ってやっていかないと、チームとして強くなっていかないと思う。

いろいろな経験…優勝もしてますし、入れ替え戦も行ってますし、代表にも行ってるということで、いろいろな経験を考えてくれて副キャプテンにしてくれていると思っているので。責任は自分自身もあると思うので、しっかりコートの中でも外でもしっかり体現できるようにやっていかないといけないんじゃないかなって、今シーズンは思ってますね。

―ー同じセッターである阿部コーチについて。

藤井:阿部さんは来てまだ2年目っていうこともあって。僕をずっと見てきてくれてたわけじゃないっていうのもあるし…。いろんな話はしたんですけど。どういうふうにしてほしいとか。

阿部さん自身も現役の時はあまり言われるのが好きじゃなかったみたいな…僕自身も結構話を聞くことは大事かなっていうふうに思うんですけど、やっぱり自分で考えてるところもあるので、話すけど…僕結構聞き流すことも多くて。なので、阿部さんは結構あまり話しすぎないようにはしてくれてましたね。どちらかといったら、酒井とかには結構教えてくれるタイプだったとは思います。僕に関しては、「自分の好きなようにやったら」っていう感じで、困ったときにはたくさんアドバイスをもらったりしました。特にそんなに多くの話をした(わけではない)…。まあ僕から話すことも結構ありましたけど。

阿部さんから、本当に困ってるんだろうなって思うときは話しかけてくださることもあります。トスワークのことだったり、トスのあげ方だったり。困ってるなっていう風に見えるときもあるんでしょうね。本当にその…阿部さんの教えてくれる力っていうのは大きいと思うので、そこを頼るときはしっかり頼っていこう…って思います。

――今季一番成長した選手に酒井選手があげられたが、藤井選手からみて酒井選手はどんな選手か。

藤井:僕にはない高さという武器をすごく持っている選手だと思うので、フィジカル的なポテンシャルっていうのは高い選手だなと思います。
僕もまだまだ負けてられないなって思いますけど、それ以外の部分で競い合って本当にいいライバルだなって思ってるので、お互い切磋琢磨しながらチームがよりよくなる方向に…やっぱチームが勝たないと意味ないんで。よりよくなるように梅野さんも含めて3人で、いいチームを作っていけたらいいかなって思います。

やっぱり選手やっている以上は負けたくないっていう気持ちが勿論あるので、そんな中でお互いしのぎを削りあって頑張れたらいいかな。お互い盗みたいところとかはあると思うので、お互いにね(笑)

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック