全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>熊本・白岩蘭奈「やりがいを求めて熊本へ」、GSS東京・有川由季乃「世代を通す存在に」、JAぎふ・鈴木智大監督「ミドル兼セッター、本間真樹子は面白い!」 V2女子

会見・コメント

2021-12-04 06:00 追加

熊本・白岩蘭奈「やりがいを求めて熊本へ」、GSS東京・有川由季乃「世代を通す存在に」、JAぎふ・鈴木智大監督「ミドル兼セッター、本間真樹子は面白い!」 V2女子

V2リーグ 女子

●鈴木智大監督

前回のホームゲームの時には監督として準備不足なところがありました。今回はまず熊本戦にフォーカスして、相手を分析してきました。それが結果につながったかなと思います。

ーー先週のホームで上手くできなかったこととは?

鈴木:アランマーレは相手毎に色々やってくるチームだというのはわかっていたのですが、ショートサーブとかプッシュとかルーズボールにうまく対応できませんでした。直接得点は避けたのですが、オフェンスにはつながりませんでした。

ーー意欲的なバレーを展開されています。やろうとしていることと現在の結果については?

鈴木:結果だけを見るとバックアタックではまだ点数が取れていません。バックアタックを使うことが目的ではなく、バックアタックで点を取ることが目的なので。ただ良いこともあって、選手から攻撃枚数とか、積極的に助走をするという言葉が頻繁に出るようになってきました。今はまだ結果がついてきてはいないですが、リーグを長い目で見たときに、後半戦はバックアタックでしっかり点が取れる。見てくれてる方にリオレーナは変わったということが伝えられたらな、とそう思っています。

ーー柳沼優花選手の評価は?

鈴木:身長はあまりありませんが、パスヒッターとしての能力が高いです。ジャンプが高いですし、良いパスを返せます。まあ、ここまでサーブレシーブ数が増えることはちょっと予想外でしたが、その中でも良く我慢していると思っています。パスをした後に攻撃をサボる癖があるのですが(笑)、それに対しての意識も変わってきています。なによりあのポジションが技術的にも精神的にも一番力が必要だと思います。それは本人も自覚してやりがいを感じてしっかり頑張ってくれていると思います。

ーー本間選手ですが、ミドル兼セッターという特異なプレーヤーです。今シーズンはミドルブロッカーで行くかと思いきや試合の中でセットアップすることも。今後の彼女の起用方法については?

鈴木:まず、あの使い方めちゃめちゃ面白くないですか(笑) 他のチームでは絶対あり得ないですよね。ミドルもできるしセッターもできる。一般的にはどっちかに限定すると思うんですけど、両方やればいいじゃん、と本人にはそういった話をして、夏ごろからやり始めました。ポジティブに取り組んでくれていますし、本人だけじゃなくて他の選手にも「このバレー絶対に面白いから」「見てる人もワクワクするから」と。

高いところからセットアップができるので、アタッカーが打ちやすいと感じている部分もあると思います。これから中盤、後半にかけて結果が残せる、点が取れる形になることを期待しています。
ミドルとしても去年はアタック決定率3位。ミドルをやり始めたのはリーグ開幕直前です。その中で結果が出せたというのはとても素晴らしいことですし、本当にすごいことをしたなと思っています。今年はリードブロックを頑張ってくれてますし、粘り強く触ってくれています。かなり貴重なミドル兼セッターです。戦術とか戦力、だけじゃなく「面白い」ですよね。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック