全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>熊本・白岩蘭奈「やりがいを求めて熊本へ」、GSS東京・有川由季乃「世代を通す存在に」、JAぎふ・鈴木智大監督「ミドル兼セッター、本間真樹子は面白い!」 V2女子

会見・コメント

2021-12-04 06:00 追加

熊本・白岩蘭奈「やりがいを求めて熊本へ」、GSS東京・有川由季乃「世代を通す存在に」、JAぎふ・鈴木智大監督「ミドル兼セッター、本間真樹子は面白い!」 V2女子

V2リーグ 女子

■フォレストリーヴズ熊本

●萩原透海選手(セッター)

気持ちを前面に出して、自分たちのバレーをやることを一つの目標にしていました。先週ホームで勝ち切れなかった分、今日こそはと思ったのですが、最後の最後でまた一点が取れませんでした。悔しい試合になりました。

●白岩蘭奈選手(アウトサイドヒッター)

第1セット、序盤の展開でまだ取り切れてない部分とか気持ちが足りない部分が出ていて。第2セット第3セット以降、チームで気持ちを入れ替えて…気持ちで戦ったんですけど、あと1点2点が…どうやったら取れるんだろうと、そういう感じです。

ーー萩原選手に。トライアウトでチームに加入しました。そのいきさつなどは?

萩原:私は4年間、大学ではバレーボールをやっていませんでした。もう1回バレーボールに挑戦したいという気持ちが強くなったので今回、熊本のチームに加入させていただきました。コートの中ではバレーを楽しむことを目標にやろうと思っています。加入当初はフレッシュな気持ちでしたが、今はチームの中で自分がどういう役割を果たさなければいけないかということも考えるようになりました。その中で上手くいかないこともありますが、気持ちを保ってやっていきたいと思っています。

ーーそれだけのブランクがあってVを目指すというのはかなり強い思いがないと難しいですよね。

萩原:4年間バレーから離れていて、社会人バレー、趣味という形でやっていました。その中でやっぱり自分はバレーをするのが好きなんだなとわかって。厳しい世界では今しかできないですし。もう1回挑戦してみる価値はあるんじゃないかなと思ってトライアウトを受けました。

ーー加入後、スタメンセッターとして活躍してきました。今日は途中でベンチに下がりましたが、そこからまたコートに戻りましたね。

萩原:交替したことに関しては、自分の中でも悔しい気持ちもありました。でもチームとして1セットが取れた、あそこで流れが変わったと思っているので、自分の中ではしっかり切り替えて、次に入った時に負けないプレーを思いっきりやるしかないなって。コートから出て自分の気持ちの整理がついたと言うか。もう1回喝を入れてやらなきゃいけないなと思いました。

ーー今シーズンの熊本はバックアタックが多いと思います。配球にはどのような意識を持っていますか?

萩原:両レフトに集まってしまうことが多いので、そこを散らすということですね。バックアタックを使って少しでもレフトオープンへの球を減らす。

ーー白岩選手に。2シーズン、勝てていない状況ですが、勝利まであと一歩に来ていると思います。勝ち切るために何が必要と考えていますか?

白岩:終盤、レフトに絶対上がってくるので、そこで早く切れていれば、あと1点2点を先に取れていたのかなと思います。やっぱり決め切る場面での1点というのが、みんなが取って欲しいところで取り切れていない。その1点、2点かな、と思います。

ーー白岩選手の今日のプレーに目を引きました。フロントでのスパイク、バックアタック、ブロック、サーブレシーブとすべてに躍動感があったと思います。自身での評価は?

白岩:2段トスとか、相手がしっかりブロック2枚付いてきた状態の攻撃でも、どうしても1本で決めようとしてしまって。GSS東京さんはレシーブがすごく上手いチームです。相手の思い通りに力んで打ってしまうという展開、悪い場面も多かったです。

ーーアクアフェアリーズ時代にはサマーリーグでフレッシュスター賞。飛躍を期待された中でV2の熊本へ移籍されました。意外に思ったファンも多かったと思います。熊本に何を求めての移籍だったのでしょうか?

白岩:環境面というよりはバレーボールをすることに対してやりがいを感じるところに行きたかったというのがありました。上のレベルではあまり試合に出れなくて、少し悔しい思いもしました。やりがいを感じることができる場所でバレーボールをしたいっていうのが大きかったです。

ーープレーヤーとして、ご自身のここを見てほしいという部分はどこでしょうか?

白岩:サーブレシーブでも攻撃の面でも攻守ともに軸になるのが自分のポジションだと思っています。チームが厳しい時に軸としてしっかりやりたい。そういうところを見て欲しいですね。

●中島裕二監督

悔しいの一言です。

ーー勝利にあと一歩まで来ました。その一歩を踏み越えるために必要なことは?

中島:勝利に対する執念とか、そういうものがやっぱり足りなかったなと思います。相手からは終始そういう気持ちが伝わってきました。本人たちも勝ちたかったはずですが、そこに至る執念がちょっと足りなかったと思います。

ーー昨日の敗戦後に話をされたことなどは?

中島:本人たちが考えてることと、私が求めている考えがちょっと違うな。と。今は自分の考えていることを重視してほしいと私からは伝えました。選手たちがどう受け取ったのかはわかりませんが、今日試合を見る限りは理解してくれたのかなと思ってます。

ーー具体的には?

中島:うちはまだアナリストもいないので、控え選手が試合の分析もします。内定選手の力も借りなくてはならない。みんなが役割を持って試合に挑みたいと。1点を取るためのチームワークを作りたい。そのための強い気持ち。今はその気持ちを第一に重視してもらいたいという話をしました。

ーー昨年と比べてバックアタックが飛躍的に多くなっています。

中島:結果的にですね。バックアタックだけではなくて両エースがもっと真ん中から動いたり、いろいろ練習もしていたのですが、相手が強く、思うようには行きませんでした。バックアタックだけは(有効に使えて)攻撃にプラスになってるのかなと思います。

ーーファンに向けて。

中島:これだけ負け続けていても、みなさんが諦めずに応援してくださっています。1勝を取れるように。我々が諦めたら駄目だと思います。必ず応援してもらっている人たちに応えたいと思います。

撮影 堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック