全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>コラム>アメリカ女子バレー、プロリーグ発足 毎週ドラフトでチームの選手が変わる!?

コラム

2021-02-26 08:00 追加

アメリカ女子バレー、プロリーグ発足 毎週ドラフトでチームの選手が変わる!?

Others

■チームの勝敗だけではなく、より個人成績に重点が置かれる
ではアスリーツ・アンリミテッド独自のバレーボールのルールを見てみよう。

個人成績のポイントシステム表。 作成:Athletes Unlimited

4チームで合計44人が1都市に滞在し、チームごとのホームタウンがない。週に3試合、5週間のリーグ。1チームは11人で、これは人数を少なくし、多くの選手に出場機会を与えるためだ。選手の給料は、基本給が1万ドルで、それにチームの勝利や個人成績のポイントによりボーナスが付くと最大5万ドルになる。獲得ポイント上位の4選手がキャプテンになり、毎週ドラフト会議をして、自分のチームの選手を選んでいく。つまり毎週、チームのメンバーが混ざって新しいチームになる。
試合は連戦による体の負担を軽減するために、3セット制。2-0となった場合でも、もう1セット戦う。今回はコロナウイルスの流行のため無観客試合だが、試合は大手テレビ局の他、YouTube、フェイスブックなどでも配信される。

個人成績のポイントは従来の決定率何%というランキングではなく、決定ポイントとエラーポイントで計算される。例えば、サービスエースは⒓ポイント、サーブミスはマイナス8ポイントになる。サーブのレセプションはパスの成功が2ポイントに対し、エラーはマイナス⒓ポイント。ブロックは成功が⒓ポイントだが、エラーのマイナスはない、などとなっている。

その他にセット毎と試合に勝利したチームポイント、また各試合で3人のMVPが選ばれ、投票の多い順に高ポイントが獲得できる(詳しくは公式サイトのhow we playで)。
という様に個人とチームのポイントの合計で、一人一人のポイントランキングになる。このランキングが次の週のチームを決めるドラフトの参考になり、5週間の合計で最優秀選手が選ばれる。

>> コラムのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック