全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>清水邦広「サーブがいいほうが勝つと予想してそのようになった。」深津英臣「パナソニックの強さは清水さんクビアクさん永野さんらがケツを叩いてくれるから」V1男子会見

会見・コメント

2021-03-14 09:00 追加

清水邦広「サーブがいいほうが勝つと予想してそのようになった。」深津英臣「パナソニックの強さは清水さんクビアクさん永野さんらがケツを叩いてくれるから」V1男子会見

パナソニック会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN 3月13日に静岡県三島市民体育館で行われた東レ対パナソニックの試合後記者会見をお届けする。

東レ1(22-25、23-25、25-18、22-25)3パナソニック

第1セット、第2セットを連取したパナソニックだったが、第3セットに東レがベテランミドルの富松崇彰を投入したことによって流れが変わり、第4セットは東レが奪取。パナソニックも清水邦広、深津英臣と大竹壱青、新貴裕の2枚替えや、久原翼を渡辺奏吾に代えたりで対応しようとするが奏功せず。第4セットも序盤東レに走られてスターティングメンバーに戻し、追いついてそのまま逃げ切った。

フォトギャラリーはこちら

●深津英臣
お互い波が激しかった試合で、どっちが勝ってもおかしくなかった。そういう試合をしっかり勝ち抜けたことは意義があった。
下を向くことなく、今日の反省点を活かせればいいかなと思いました。

●渡辺奏吾
相手がすごく拾ってきたり、スパイクを打つ方向を前とは変えてきたり色いいろ対策されてきてると感じました。
で、僕自身はパスの部分で乱れたので代えられた。
次出たらそういうところも果たしたい。

●小宮雄一郎
タフな試合になると思って準備しました。まず勝つことができてよかった。今日でた課題を生かして、また明日試合がありますので臨みたい。

●清水邦広
サーブのいいほうがセットを取るという予想していたんですけど、やってみても、こちらのサーブが機能したときに、セットがとれて逆に相手のサーブでつめられたときはセットを取られた。
4セット目なんか、離されたところからこちらのいいサーブで追いつけて逆転できたのは僕たちにとってとても良かった。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック