全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>高橋健太郎「サーブは入れにいっていたときもあったが、どうせ入らないなら思い切り打とうと考えを変えたら入るように」富松「健太郎は持ち前の明るさが強み」東レ会見

会見・コメント

2021-03-28 09:27 追加

高橋健太郎「サーブは入れにいっていたときもあったが、どうせ入らないなら思い切り打とうと考えを変えたら入るように」富松「健太郎は持ち前の明るさが強み」東レ会見

東レ会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN 3月27日に大阪府堺市金岡公園体育館で行われた、東レアローズ対大分三好ヴァイセアドラーの試合後記者会見をお届けする。

試合は東レがストレートで勝利し、2連勝しなければ入れ替え戦回避の目がなかった大分が入れ替え戦行きとなった。
東レは富松崇彰、高橋健太郎がミドル対角としてスタート。藤井直伸のトスワークでこの二人とクリスが活躍し、白星をあげた。

■東レアローズ
●髙橋健太郎選手
今日は本当にストレートで勝つことができて良かったと思います。入りも良かったですし、相手に合わせずに自分達のやることができました。

●山口拓海選手
入りも良かったですし、終盤も集中力を乱さずに取りきることができたので、試合展開の中で気持ち的にも楽に次のセットに行けました。

●富松崇彰選手
今日は技術的にどうこうというよりも、チームでの一体感を出すというのを表現できたのが大きな勝因だと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事