全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>関田誠大「負けはしましたが、非常に楽しくバレーができた。(古巣の)パナソニックさんとやるときはいつも楽しい」堺会見

会見・コメント

2021-04-01 17:01 追加

関田誠大「負けはしましたが、非常に楽しくバレーができた。(古巣の)パナソニックさんとやるときはいつも楽しい」堺会見

堺会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN 2021年3月27日に大阪府堺市金岡市民公園体育館で行われた、堺ブレイザーズ対パナソニックパンサーズの試合後記者会見をお送りする。

レギュラーラウンド2位通過がかかっていたパナソニックと、5位維持のために1つも星を落とせない堺の対戦は、1-3(23-25、28-26、15-25。23-25)でパナソニックが勝利した。

■堺ブレイザーズ
●関田誠大
負けはしましたが、非常に楽しくバレーをすることができました。あと少しで勝てるというところ、僕たちはファイナルに行けない理由がそこにある。またあした、チームとしてよくなるために頑張りたい。

●鵜野幸也
僕は途中から出たんですけど、ブレイザーズらしさのつなぎであったり、いい部分をだせたので競った展開ができた。明日はさらに相手の対策に対応していきたい。

●出耒田敬
最後も競ってるところで、相手に取られてしまった。そこを詰めていかないとここから上に行くのが厳しい。シーズンは明日で終わりですけど、まだまだバレーボールは続いていくので、少しでもいい形で終えれるように準備したい。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック