全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>コラム>河野裕輔のエール!第10稿(後編) いよいよ始まるVリーグその2 各チーム展望とスタメン予想など

コラム

2021-10-14 17:50 追加

河野裕輔のエール!第10稿(後編) いよいよ始まるVリーグその2 各チーム展望とスタメン予想など

河野裕輔コラム

V1リーグ 男子


元日本代表で、JTサンダーズ広島でも活躍した河野裕輔さんのコラムです。今回は前回に引き続いて、いよいよ明日開幕するV.LEAGUE DIVISION1MENの展望を語っていただきます。前回が上位5チームでしたので、続く5チームとなります。

◆初めに
前回昨シーズンの上位5チームの戦力予想を行ってみたが、今回は残る5チームの戦力分析を私なりに行っていきたい。なお、この分析は各チームの公式発表、Vリーグ公式HPの情報を基に主観100%で行っているものであることをお断りしておく。

◆JTサンダーズ広島

S深津が堺へ移籍、OH八子、久原、MBロジャーズが引退したことによりさらにチームが若返った。
スタート予想で昨シーズンと違うのはセッター。金子が昨シーズン途中からメインセッターとなり、気持ちを前面に出したプレーでチームを盛り上げていたのが印象的であった。
また、昨シーズンは怪我人が多く出てしまったことにより、チームとして満足のいくプレーが出来ていなかった。今シーズンはコンディショニングにも注意しながら、エドガー頼みにならないバレーボールを期待したい。オリンピックを経験したMB小野寺主将を中心に4枚攻撃、サーブ戦術、トータルディフェンスといった部分がどのくらい強化できているのか。ここが上位進出のカギになってくると考える。

個人的に過去筆者自身が在籍していたチームであり、非常に応援しているチームでもある。
是非優勝戦線へ加わってほしい。

◆堺ブレイザーズ

全日本監督の中垣内氏を部長、千葉GMを新監督として迎え今シーズンを迎える。
メンバーを見てみるとOPジョン、S関田が移籍したが補強は十分。
新OPはオリンピックで龍神の前に立ちはだかったカナダのバーノン。Sは昨年も出場した佐川とJTから移籍した深津と山口が担う。OHは高野、鵜野、樋口ら既存メンバーだけでなくFC東京から移籍した迫田も存在感は十分。MBは出来田主将と山崎の奮起に期待したい。大ベテランの松本を温存できる展開が望ましい。

勝ちパターンは、強固なブロックからのブレイクとサイドアウト時の4枚攻撃であったが、今季はSが関田では無いため、セット配分がどうなるのかに注目したい。

そしてバーノンの攻撃力が最大化されたならば、今期のダークホースとなることは間違いない。

◆FC東京

昨シーズン終了後、6名の選手が移籍、引退という若干苦しいチーム事情であることは否めない。そんな中クヴァーレン、エスペホと2名の外国籍選手を獲得。佐藤、黒田のOH陣に加え彼らでチームの土台を支えていく。OPはプレモビッチが退団、長友の奮起に期待がかかる。

課題はMB陣がとこまで攻撃参加できるか。MBの攻撃本数が少ないと昨シーズンのようにサイドにブロックが偏ってしまい被ブロック数が嵩んでしまう。ここをどう打開するかが勝負となる。

両OHを外国籍選手で固めると仮定するとBickを多用できるかどうかが見どころになる。
L古賀を中心に守備を固め4枚攻撃でサイドアウトを凌ぎ、ブレイクチャンスを少しでも取っていくことが上位進出のカギになるであろう。

>> コラムのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事