全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>コラム>「大田区へようこそ!」――NECレッドロケッツ、ホームゲームイベントを振り返って

コラム

2018-02-05 17:00 追加

「大田区へようこそ!」――NECレッドロケッツ、ホームゲームイベントを振り返って

NEC ホームゲームイベントレポート

Others / V・プレミアリーグ 女子

 2018年1月20日。大田区総合体育館で行われたVプレミアリーグの一戦はセットカウント3-0でNECレッドロケッツの完勝に終わりました。
「なんとしても今日はチームを勝たせるんだ」というファンの後押しが選手の力になった理想的なホームゲームだったと思います。

 その興奮が冷めやらぬ中、イベントの一つとしてNECレッドロケッツOG参加によるミニゲームが行われました。
 かつてコートを沸かせたOGに再び会えるという喜び。そして、現地観戦をするからには少しでも多くプレーを見たいじゃないか、というバレーボールファンの欲求にも適った企画ではないでしょうか。

 さて、イベントの模様をご紹介させていただきます。

 参加チームは NECレッドロケッツOG、ママさんバレーチームのO-ICHI(オーイチ)、Vivid(ビビット)。試合は9人制を採用。レッドロケッツOGチームvsママさんバレーボールチームという構図で行われ、OGチームが第1セットをO-ICHI、第2セットをVividと対戦する変則マッチになりました。

 結果は、
第1セット(第1試合)OGチームの勝利
第2セット(第2試合)Vividの勝利

 2セットマッチ? 1セットを2試合? とにかく1-1なのでもう1セット「おかわり」を要求してみるのもアリだったかもしれません。

 OGチームは以下の女性メンバーが参加されました。

(敬称略)
濱 芙美子
中村 真美
秋山 美幸
都築 有美子
佐々木 礼弥
近江 あかり
松崎 美歌
澁澤 夏美
佐川 奈美

秋山さんのトスを近江さんが打つ。

中央から豪快に叩き付ける松崎さん。

ジャンサ(ジャンピングサーブ)で跳ぶ都築さん。

などなど、ファンには嬉しいシーンが盛り沢山でした。

 女性メンバーという表現ですでに何かを察した方もいらっしゃるかと思います。
 2セット目の途中にチームブルロケ(元NECブルーロケッツ)が登場。大村悟元コーチ、菊地洋之さんら男性陣の参戦もありました。サプライズはイベントのお約束ですね。でも、二人でブロックの壁を作ったのは反則でしたね(笑)

>> コラムのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック