全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>インタビュー>デンソー・鍋谷友理枝インタビュー(前編)「中田久美監督のバレースタイルは自分に合っていて、やりやすかったです」

インタビュー

2018-02-03 12:00 追加

デンソー・鍋谷友理枝インタビュー(前編)「中田久美監督のバレースタイルは自分に合っていて、やりやすかったです」

V1リーグ 女子

得意なプレーは、つなぎ

――鍋谷選手はオールラウンダーで何でもこなせる印象ですが、いちばん得意なプレーは何ですか?

鍋谷:何だろう? つなぎ? トスとかですかね?

――サーブは?

鍋谷:サーブとよくいわれますけど…。自分的にはサーブは好きですけど、得意かといえば普通かなあ?(笑)

――サーブを打つ時、手を猫の手のようにするというのは、そうするとうまく打てるとか、技術的なものがあるのでしょうか?

鍋谷:最初は全然意味合いはなかったのですが、手の力を抜いておくという意味では、そうしておいてよかったなと思っています。力まないで、インパクトの時だけ力を入れるというイメージで打てるので。

――中高生の選手が参考にしたりしているのでは?

鍋谷:結構真似されたりもしているみたいです(笑)

――リーグの今シーズンの個人成績は、いろいろな部門で名前が上位に出ていますね。

鍋谷:まさか総得点がここまで上位になるとは思っていなかったです(レギュラーラウンドの最終成績7位。日本人では堀川真理、古賀紗理那に次いで3位)。ちょっとびっくりですね。

――アタック決定本数も上位(全体で8位、日本人で4位)ですが、セッターの田原愛里選手のトスは打ちやすいですか?

鍋谷:そうですね。愛里のトスは振りにいくような感じではなく、優しくて打ちやすいですね。

――昨シーズン、チャレンジリーグを経験してみて、感じたことはありますか? 上尾の冨永こよみ選手は、プレミアとは違った意味でバレーが本当に好きで上手な選手も多いし、勉強になる部分も多かったとおっしゃっていましたが…。

鍋谷:確かにこよみさんがおっしゃるように、上手い選手も多いし、勝負の仕方がパワー任せだけではなく、こういう決め方もできるんだと改めて思ったし、自分にとっても「これは真似してみよう」と思うようなプレーがたくさんありました。

(後編に続く)

 

聞き手:高井みわ
写真:堀江丈

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック