全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>「ほぼ日本人」8年間も日本でプレーし続けたアメリカ人選手 ジェニファー・ドリスからのメッセージ

インタビュー

2022-08-08 11:06 追加

「ほぼ日本人」8年間も日本でプレーし続けたアメリカ人選手 ジェニファー・ドリスからのメッセージ

Others / V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子


日本のファンからも愛され「勝利の女神」というキャッチコピーがつけられた(写真:ドリスのFacebookより)

大学時代ともにプレーをした友人との対談では「学生たちには興味を持ったチームや指導者がいるのなら、自分からアプローチしてほしい。声がかかるのを待っていてはダメ。自分を最高のセールスマンだと思って売り込んでいくこと。自分からアクションを起こすこと。道を切り拓いていくには、それが必要」と話した。

「プレイヤーとして、あるいはコーチとして、いつかまた日本に戻ってきてほしい」と伝えると「そうしたいけれど、日本語はすごくハードですよね」と弱音を吐いてみせた。

日本語でインタビューに答えたアメリカ人が何を言うのだろう。コロナ禍が収束したら、また日本に来て「私はほぼ日本人」とおちゃらけていそうな気がしてならない。

最後に、ドリスが若い選手に向けて伝えたい「良いチームメイトになるための3つのTIPS」をご紹介。

その1
チームメイトとたくさんコミュニケーションを取ること。
たとえば練習前に「体調はどう?」と話しかけるだけでもいい。ゲーム中であれば「セット(トス)をもう少し高くしてほしい」とお願いするなど、積極的に会話をすることが大切。

その2
責任と主体性を持つこと。
チームは乗り物のようなもの。指導者はアドバイスや指示をくれるけれど、運転するのはあなただから。チームは浮きもするし沈みもする。目標を見失ってしまうチームメイトもいる。そんなときに周りを鼓舞し、立て直せるような選手を目指してほしい。

その3
怖がらないこと。
例えば、競った場面で怖がってミスをしてしまう選手を見かける。でも「怖がっていない」ことがチームメイトに分かれば「よし、彼女(彼)にボールをセットしよう」とチームメイトからの信頼を得られるから。

取材・文:高住翔

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック