全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>豊田合成・高松「最後に僕に上げてくれた前田くんに感謝したい」パナソニック深津「負けたけど、やっぱ強いなと思わせれたのが収穫」

会見・コメント

2018-02-28 08:00 追加

豊田合成・高松「最後に僕に上げてくれた前田くんに感謝したい」パナソニック深津「負けたけど、やっぱ強いなと思わせれたのが収穫」

豊田合成vsパナソニック記者会見

V・プレミアリーグ 男子

豊田合成vsパナソニック戦記者会見

豊田合成

傳田亮太
ファイナル3は確定したので、安心した。チームの状態は前回よりも全然よくなっている。良い流れで、良い雰囲気できていると思う。このままの調子でやっていきたい。

ーーファイナル6は連敗して、先週あたりから流れが変わってきて、どういうところが変わった?
傳田:練習でも、相手のことよりも、自分たちのことをいつも通りやっていることをただやってきただけで、連敗したからといってこれをやったというのは特になかった。プレーしていて、実際噛み合わないというのはあったが、先週あたりからいつも通りの豊田合成のバレーになってきたと思う。

高松卓矢
パナソニックとは4戦やって2勝2敗でイーブンな試合で、僕らからすれば勝つことでファイナル3が決まる重要な試合だったわけだが、僕の中ではファイナル3が決まる試合だろうが、決勝だろうが、1レグの試合だろうが、何も変わりはない。いつも通りのコンディションであったり、考え方であったりバレーであったり、しっかりできたんではないかと思う。

イゴール・オムルチェン
豊田合成に入って4シーズン目だが、そのうち3シーズンは上(ファイナル3とかプレーオフ)に進めれている。また勝てたことで可能になった。パナソニックは違った状況だったけど、自分たちのバレー、ブロックとサーブに集中した。

――高松選手。試合の最後の1本を決めた時の気持ちは?
高松:今回、今までずっと合わせていた内山くんではなく、前田くん出てたんですけど。前田くん自身も今年から試合であげる回数が増えてきて、これまで試合に出ている経験がないので、こういう緊迫した場面で、彼自身も迷いながらも、色々考えながらプレーしていると思うのですが。ファイナル6の東レ戦の時に僕がもうちょっと彼に対してうまくサポートしてあげれば、彼もリラックスして良いトスを上げたり、いろんなところにトス配分ができたんでしょうけど、その時の試合では僕のいろいろたりてないところが多かったので、彼にプレッシャーを与えてしまっていた。今日はそれを反省して、しっかり、いつでも使っていいからなといろんなところで声かけたり、コミュニケーションをとるようにしていた。ラストのボールを上げてくれと僕は信じていたので、上げてくれたボールをただ打ち込んだだけ。前田くんに感謝したい。最後に僕を使ってくれたことに。
 うちのバレーはどうしてもイゴールに頼りがちというか、イゴールが打数がどうしても多くなるが、そういう中でチームの中で2番目に打数を打つ選手なので、前田くんが勝負所とか大事なポイントで僕をチョイスできるようなコミュニケーションを取れていたのが、最後の場面だったのではないか。

――傳田選手。ブロックがかなり機能していたが、清水選手がいない中で、何か具体的に指示が出ていましたか?久原選手に対してノーブロックのシーンもありましたが。あれは指示だったのか、ミスだったのか?
傳田:いつも清水選手に上がっているボールが、その分クビアク選手とか、ファーストテンポに(レフト側に)上がってくるというのは言われていましたし。ちょっといつも通りと違って、ブロックに対しても近とかシステムを仕掛けられた。(久原のノーブロックのシーンは)ミスの可能性もあるが、割り切ってそういう風にやっている時もあった。

――傳田選手。アタックが合っていたようだが?
傳田:(ここ数試合)あまりセッターと噛み合っていなかったところがあった。試合の中で戻して、結構効果があって、後半は前田選手と合わせることができたので良かった。前田選手は割とクイックが多い、結構上がらないケースも多いですが、それは内山さんの時でも前田選手の時でも一緒で、いつでも決められるという準備はしているので、そこは一緒。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック