全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>カーテンコール 竹田沙希さん 「今はやりきったという気持ちで後悔はありません」(前編)

インタビュー

2018-06-12 12:00 追加

カーテンコール 竹田沙希さん 「今はやりきったという気持ちで後悔はありません」(前編)

V・プレミアリーグ 女子

──くじけたこともありましたか。

竹田さん:ありますあります。私はけっこうトレーナーさんにあたるんです。ピークがきたら泣いてあたりちらしてしまって本当に申し訳ないと思うんですけど、トレーニングもできない、トレーニングやってもまた痛くなってバレーができないとか、そうなったときは、自分でもどうしていいのかわからなくて……。そういうときも後輩の前では出してはいけないので頑張らなきゃと思っていて、でもその反動でトレーナーさんにめちゃくちゃあたってしまって……。

──ご家族や周りの友達などにも聞いてもらったりも?

竹田さん:私は母にいいことも悪いことも言いたいことを全部言っていたから、「お母さんのほうがしんどかった」と、この前言われました(笑)泣きながら電話をかけてきて、しんどいことを聞かされて。近くにいるわけではないですし、でも頑張らなければいけないというのもわかっているので、なんて言っていいのかわからないし、母もたいへんだったと思います。

──引退のとき、お母様はどんな言葉をかけてくださいましたか。

竹田さん:最近は、「頑張ってきたし、頑張ってるから、頑張ろうとしなくていいから、やれることをやって」と言われていて、そして最後は、「終わったね。頑張ったね」と。母が一番、安心したんじゃないかなと思います。その後、(5月に)結婚もしたので親孝行できたのかなと思います。

──おめでとうございます! プライベートでも安心させてあげられてよかったですね。

竹田さん:それは本当に! よかったです。
(後編に続く)

写真:堀江丈

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事